【音楽】作業のお供に、aranの楽曲はいかがですか

 こんにちは、ミカグラです。

 

 今回は作業用BGMの紹介です。

 

 作業中、無音の状態ではどうしても集中できない、なにか音楽が欲しい~ということ、ありますよね。今回はそんなあなたに、ピッタリな作業用BGMを紹介します。

 

 

 

作業BGM紹介

 今回お勧めするのはこちら、日本の作曲家・aranによるDJプレイをまとめたYouTubeの動画・全3編です。

 

まず1つめ

www.youtube.com

彼が所属する音楽サークル「HARDCORE TANO*C(以下タノシー)」の事務所で撮られた、全20分くらいのDJプレイ動画です。彼の作品や彼のリミックスした楽曲などが、途切れることなく流れています。作業にはピッタリ。

 

2つめ

www.youtube.com

こちらも20分尺のDJ音源。使われている楽曲が変わっており、こちらのほうがゆったりとした曲が多い印象です。

 

3つめ

www.youtube.com

こちらはオンラインDJイベント「TANO*C Stream」の公式切り抜き動画です。30分くらいと長めなことに加え、最近リリースされた楽曲や、ハイテンポな楽曲が多いのが特徴。ちなみに途中で出てくるもじゃもじゃ頭の人や最後に出てくる細身の人は、それぞれ同じHARDCORE TANO*Cに所属するメンバーのt+pazolite(とぱぞらいと), Kobaryo(こばりょー)です。彼らが登場しているときにかかっている楽曲は、それぞれaranとt+pazolite, aranとKobaryoの合作です。

 

そもそもaranって誰

f:id:cardinalfang-quizmasta:20201011192127p:plain

aran OFFICIAL WEBSITEより引用

2009年より音楽活動を開始。主にUK HARDCOREをメインに制作。その楽曲は既存のスタイルに囚われない独特な音使いを特徴とする。また、Otographic Musicを始めとしたトランスレーベルでも楽曲を発表している等、HARDCORE以外のフィールドでも幅広く活動している。

  音楽ゲームを中心に、数多くの楽曲を作るコンポーザー集団「HARDCORE TANO*C」のメンバーです。

 彼の楽曲の一番の魅力は、丁寧に作り上げられた音。音楽の中で鳴っているひとつひとつの音が、耳によく馴染みます。その丁寧な音作りが評価され、ファンの間では「音の貴公子」と呼ばれることもしばしば。

 もう一つの魅力は、ゆったりした進行と柔らかいメロディです。HARDCORE TANO*Cのメンバーの多くは、サークルにハードコアの名前を冠するだけあって、力強いキックにテンションを上げるメロディ、高速BPMという楽曲を作るのを得意としています。しかし、aranの楽曲には、ゆったりと落ち着いた速さの楽曲や、エモーショナルなメロディが乗った楽曲が多くあります。

 普段音楽ゲームへの楽曲提供を中心としているタノシーですが、aranの楽曲群は音楽ゲームをやったことがない人にも聴きやすい楽曲が多く揃っています。

 

aranmusicのここがいい!

そもそも楽曲がいい

 当然ですが一曲一曲の質がとても良いです。なんなら作業用として聞き流すにはもったいないくらい曲がいいです。氏の楽曲は、beatmaniaIIDXやGROOVE COASTER, CHUNITHMなど、会社を問わず各種音楽ゲームにも収録されており、その高い評価が伺えます。

 

DJならではの自然なつなぎ

 タノシーに所属するアーティストはDJプレイについてもかなりの腕前を持っています。上にあげた3つの動画からもわかるように、楽曲どうしの「つなぎ」も大変自然です。一般的にあげられている「作業用BGM」の多くは、楽曲をただ流すだけ、あるいはつなぎが不自然、ということが多くあり、それと聴き比べると氏のDJプレイのスキルの高さは一目瞭然*1です。

 

作業を邪魔しないちょうど良さ

 aranのDJプレイでは、速さ、激しさともに「ちょうどいい」楽曲がそろっています。

 BGMはあくまで作業の脇役ですから、あまりに速く攻撃的な曲調では集中力が削がれ、課題に集中できません*2。かといって、あまりに遅い楽曲では身体がリラックスしてしまい、集中できるほどの緊張感が保てません。

 しかし氏の楽曲は、思わず身体を揺らしてしまう心地よい速さで、ゆったりと軽やかなメロディで構成されています。キックも軽快で、重たいというほどのものではありません。作業に「聞き流す」にはちょうどいい音楽です*3

 

一個あたりの動画の長さもちょうどいい

 上の動画はだいたい20-30分ほどの長さになっています。人間の集中力というのはそんなに長く持ちませんから、作業にはだいたい20-30分ほどで休憩が必要です。しかし自分で時間を図るのも煩わしいもの。この動画を使えば、ちょうどいいタイミングで休憩をとることができます。

 

公式音源

 著作権に対する意識が向上し、最近は違法アップロードへの対策が強化されつつあります。普段我々が使っている作業用BGMにも、残念ながら違法アップロードにあたるものが多くあることも事実です。

 ところが上の音源ならこうした心配も必要ありません。タノシーが公式で上げている、いわば合法音源だからです。当然動画視聴に伴って入る収入も、タノシー、ひいてはaran本人に還元されます。権利関係を気にすることなくガンガン聴き放題!

 

せっかくだからaranの名曲を選りすぐりでご紹介

全部公式音源(つまり合法!)なので安心して聴いてください!

GRiDGALAXY

www.youtube.com

 とりあえずこれを聴いておけばaranの良さはだいたいわかります。軽快な進行、透き通るようなサウンド、心に響くメロディ…… どこをとっても良いですね。ね?

 

夜明け前 feat. shully

www.youtube.com

 aranのボーカル曲はどれをとっても素晴らしいのですが今回はこちらをお勧め。哀愁を感じさせるボーカルの声や歌詞が、aranの音楽に見事にマッチ。

 

Contrail

www.youtube.com

 aranの書いたHARDCOREが聴きたい!という方におすすめ。ハイテンポで鳴るキックはハードコアそのものですが、メロディの作りにはしっかりaranの色が出ています。

 

Mazy Metroplex

www.youtube.com

 音楽ゲームWACCA」への書下ろし楽曲。特筆すべきはその超難解なリズム。まるで迷路のように入り組んだ不思議な音楽は、まだ見ぬ世界を垣間見させてくれます。

 

While Shining feat. Yukacco

www.youtube.com

 前述したKobaryo氏との合作。Kobaryoはスピードコア*4を得意とするアーティストです。一見正反対に見える二人のコラボですが、Kobaryoのキックとaranのメロディ、そしてボーカルYukaccoの声、要素の混じりあいが絶妙。aranファンだけではなく、タノシーファンの間でも名曲として高い評価を受けています。

 

 

 以上、作業に最適、aranのDJプレイ動画の紹介でした。最後のほう普通に曲紹介になったのウケる

 みんな、aranたくさん聴いてくれよな!

*1:ま、一目とはいっても実際には見てるんじゃなくて聴いてるんですけどね。

*2:僕は音楽ゲームに脳を破壊されているので作業用BGMとしてかめりあの曲をかけても普通に作業ができます。

*3:もちろん、聴きこむにもちょうどいい音楽です。

*4:雑に説明すると、くっそ速いハードコアのことです。